トレーサビリティについての考え方

-

国内で生まれたすべての牛と輸入牛に、10桁の個体識別番号が印字された耳標が装着されます。

2.届出と牛のデータベース化

個別識別番号によって、その牛の性別や種別(黒毛和種など)に加え、出生から、肉用牛であれば肥育を経てとさつ(と畜・解体処理)まで、乳用牛であれば生乳生産を経て廃用・とさつまでの飼養地などがデータベースに記録されます。(法施行:平成15年12月1日)

3.番号表示と取引の記録

と畜され牛肉となってからは、枝肉、部分肉、精肉と加工され流通していく過程で、その取引に関わる販売業者などにより、個体識別番号が表示され、仕入れ相手先などが帳簿に記録・保存されます。

4.生産流通履歴の把握

牛の出生から消費者に届くまでの間の追跡と、販売されている精肉などから、牛の出生までの遡及、つまり生産流通履歴の把握(牛肉のトレーサビリティ)が可能となります。

 

牛肉のトレーサビリティ

※家畜改良センターのサイト(外部)にリンクします。
牛の個体識別番号(半角)を入力してご利用ください。