関村牧場について

草がなく、急勾配の、関村牧場

見渡す限りの草原とは違いますが、牧場で暮らす母牛、種牛はとても丈夫です。その理由はまず、急勾配の放牧地。つねに足腰にちょうどいい負荷がかかって、健康な状態が保てます。もうひとつは、草に頼らない飼料。ご飯、野菜、おから、しいたけ…バランスと適量を考えて食べさせ、牛に過不足なく栄養を与えています。そんな両親から生まれてくる子どもは「元気の素質が違う」のです。

スタッフの情熱が、エネルギー

恵まれた自然、牛に対する確かな考えとノウハウ。しかし関村牧場には、もう1つ大きな力があります。漢方和牛づくりにひた向きな、仲間たちです。「ひとりではできない。それぞれのスペシャリストが助け合って頑張っているからいい牛ができるんだ」関村場長は口ぐせのように、そう言います。

まだまだ、夢が広がる生産の輪

関村牧場には、先を見据えた夢があります。「牛は大事だ。でも、牛だけじゃダメなんだ」というそのビジョンは、漢方和牛から多彩な農作物づくりへ広がっています。地域とともに築く、環境にやさしい生産のしくみを確立したいと考えています。「将来は、ここでつくったたくさんの農産物を、全国の皆さんに食べてもらえるようになりたいね。安全でおいしい、とびきりのものをつくって、胸をはって届けたい。それが夢だね」

日本酒

有機栽培米=『漢方米ひとめぼれ』を使っています。「こんなにうまい米なんだから、酒をつくってもうまいんじゃないか」と考え、酒蔵さんと相談し、見事な日本酒をつくるに至りました。

米

宮城県の代表銘柄『ひとめぼれ』に漢方堆肥を使った、有機栽培米。現在は長年のつきあいの方に“おとり寄せ”いただき、関村場長が直送でお届けしています。

野菜・果物

漢方堆肥は野菜果物にも適しています。「人にいいものは牛にいい。牛にいいものは米にも野菜にもいい」という関村場長。自らが育てているレンコン、ご近所が育てているブルーベリー、そして各種野菜の数々に使っています。